オーバーホールの流れ

腕時計を身に着ける人

腕時計をメンテナンスする

ブランド腕時計ロレックスを修理する場合は、日本ロレックスにオーバーホールを依頼するのが確実です。通常の修理の場合は一部だけ分解することになりますが、日本ロレックスにオーバーホールしてもらうと完全に分解してもらえます。その状態で新しい油などを塗布するので、ロレックスはとても長持ちするようになるのです。修理自体は一般の時計修理工房に依頼することも出来、コストも低く抑えることが出来ます。しかし、日本ロレックスに依頼する場合よりも確実性にかけており、万全のオーバーホールを行うことが出来ないのです。日本ロレックスへ修理を依頼する際の流れとしては、サービスせんたーに直接持ち込むか郵送で送付することになります。デパートなどの窓口は手軽ですが、相応の手数料がかかることを知っておきましょう。郵送の場合はそのまま送るのではなく、まず時計輸送キットを送ってもらい、それに入れて送付することになるので注意するべきです。送付が完了すればあとは一ヶ月ほどでオーバーホールは完了し、綺麗になった腕時計が帰ってきます。特に不調がない場合も、腕時計は定期的にオーバーホールに出すことが推奨されているのです。歯車などの部品と使用された油がどんどん磨耗していくので、適切なメンテナンスは実行するべきといえます。ブランド物の腕時計は資産価値が高く、いざというときの換金などにも重宝される品物です。価値を損なわないため、長く使っていくという意味でも修理は確実に行っていきましょう。